• HOME
  • つぶやきコラム

つぶやき

大寒

update:

2016.01.21

1月21日「だいかん」
太陽視黄経 300 度
冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也(暦便覧)
一年で一番寒さの厳しい頃 。逆の見方をすれば、これからは暖かくなると言うことである。春はもう目前である。とあります。

寒波に襲われています。寒さにまだ慣れていない身体にはことさら厳しく感じます。週明けまでは続く様な予報です。暖かくお過ごし下さいね。

昨日20日には消費者庁が「冬場に多発する高齢者の入浴中の事故にご注意下さい」という警告文をリリースしています。
注意喚起だけでなく実態や対策・対処法またアンケート調査結果もあります。是非1度目を通されることをお勧めします。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/160120kouhyou_2.pdf

入浴中の事故死の数はH26年19,000人、半数は冬期3ヶ月に発生していることが統計で示され、事故死の数と気温に相関関係をみてとれます。入浴中の事故を防ぐため気を付けることも色々書いてあり参考にしていただきたいのですが、そもそもどうしてそんな室温状況になっていて、その対策は?というところには全く触れられていません。

わたしの立場からいわせてもらえば、寒いところは暖めればいいと言う「対処療法」でなく、せめて命にかかわるところだけでも断熱改修?窓の強化だけでもーして、冷えにくくしておく「根本的治療」に意識を向けていただきたいのです。冷えにくいと言うことは暖めたいときすぐにそうなるのです。光熱費をあまり気にせず暖めることができるのです。

今、国の「スマートウェルネス住宅等推進モデル事業」で冬季の低室温と健康の相関調査のモニターさんを募集しています。協力のメリットは断熱改修工事に最大120万円の補助金です。おっ!と思った方は考えてみて下さい。

写真は今年初めての梅。先週末行った大阪でのセミナーの翌日、滋賀のパッシブハウス現場見学の前に寄った京都佳水園、隣の山道に咲いていました。

大寒

2016.01.21