• HOME
  • つぶやきコラム

つぶやき

清明

update:

4月4日「せいめい」

三月節

太陽視黄経 15 度

万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也(暦便覧)

清浄明潔の略。晴れ渡った空には当に清浄明潔という語ふさわしい。地上に目を移せば、百花が咲き競う季節である。

 桜が満開ですね。週末を挟んでみなさんあちこちでお楽しみになったことでしょう。わたくしは金曜日夕刻から東長寺境内の見事な桜の元で待ち合わせをし、 その後櫛田神社、旧冷泉小学校前の歩道の桜、冷泉公園の桜(桜の名所-たくさんのお花見準備が進んでいました)を見て、御供所町の寺町界隈?聖福寺の境内 散策の後、町家改造の「博多奥堂」にて懇親会という「寒さに震えない『花見』」を楽しみました。なかなか良い趣向でした。

 さて、エイプリルフールのたぐいかと思ってしまった、ザハ・ハディドの訃報が流れた4月1日。

この日から日本では電力の自由化が一般消費者に向けて始まった日となります。とはいえ未だ何の実感もないという方が多数では無いかと思います。よく解らないし、少し様子を見ておこうと言う方も。

 自由化と言うことは電力を供給する側を自由に選べると言うことなのだから、わたくしは是非とも電源構成の中に原発が入っていない、そして再生可能エネル ギーから作られた電気を中心としてくれる供給元からの電気を買いたいと思っています。しかしそれが実現できている所はまだないようで、卸電力からも供給を 受けて消費者に届けることになるわけです。どこから買っても結果的に原発のお世話になってしまうのかぁ?となんだか釈然としない思いが残ります。もう少し 様子を見ておこうかと思ってしまします。

 が、やはり再生可能エネルギーを中心として電源を調達しようとしている地域の小さな団体?会社は、買いますよという人々が集まらなければ、電源構成を再 生可能エネルギー100%にできる前に風前の灯火となってしまうかもしれません。ここは実際に再生可能エネルギーの電力だけでないにしても、その方向へ進 もうとしている会社にこそ「お金をまわしていくこと=そこから電気を買うこと」が大切なのではないかと思いました。

 九州では「みやまスマートエネルギー」と「太陽ガス」が再エネ供給・地域貢献のビジョンを持った会社です。どちらかにします!

そんな情報-全国版は「POWER SHIFT デンキエラベル2016」

http://power-shift.org

に詳しくあります。参考になさって下さい。

写真は、東長寺境内の桜。空が清明でないので写りがいまいちです。

清明

2016.04.04