• HOME
  • つぶやきコラム

つぶやき

立冬

update:

2014/11/07

「りっとう」
太陽視黄経 225 度
冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
この日から立春の前日までが冬。日は短くなり時雨が降る季節。
北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

まぁ、あっという間に立冬を迎えましたが、ポカポカの上天気です。
朝夕の冷え込みもそろそろ、風も少し冷たくなってきましたが、マンション住まいではまだまだ暖かな室内です。

先日買い物に出て、ある事に気がつきました。人々の装いがこうも多彩であるとは、朝夕の気温の変化が激しくなってきた季節ならではと言うところでしょう。寒暖の感じ方は人それぞれではありますが・・・わたしは長袖Tシャツにパーカー、午後3時も過ぎていたので、首元にストールを巻いてでかけました。あとで調べたら外気温は18.5℃でした。もっと軽装で短パンやシャツだけの方ともすれ違いましたが、ダウンベストやジャケットを着ている方、さらにはキルティングのコートを羽織った方まで混在しているのです。
外出するときの服装が温度の感じ方だけでこんなにも違うものかと不思議でした。しかし自分の行動からも想像してみると、外出する前の環境温度つまりどんな家から出て行くかによっても着ていくものの枚数なり厚みが変わるんじゃないかと思い至りました。 
5階に住んでいるのですが、風の強い日は玄関ドアを出たとたんに風にあおられてとても寒い思いをするので、もう一枚重ねて出かけたりするのですが、階下に降りるとそんな事はなく、厚着しすぎて恥ずかしいやら動きづらいやらと後悔したことが何度もあります。
この時期であれば、お住まいの温度環境がそこそこ暖かければ身体も冷えていないし薄着で出て行っちゃう、既に低温のお住まいの方は寒い所からさらに外へ出るので着込んで出かける、というようなことになるのでしょうね。
その結果が集まって夏から冬までの服装が町中に花咲く事になるのだろうと思いました。
さて、あなたはどんな格好でお出かけですか?

立冬

2014/11/07