JEH

best of houzz 2016デザイン

menu

  • HOME
  • つぶやきコラム

つぶやき

2002/3月18日(月)

update:2002/3月18日(月)

先週、木材の産地を見てきました。
杉を板材に加工している木工所です。加工した物が2mまでの長さだと木工所、2mを越えると製材所と言うそうです。
ですからそこは2mまでの長さの板材を作っているわけです。
空設計工房ではここの42mm厚の板を屋根の野地板に使っています。断熱効果の増強にも一役かってもらうように、また特別に仕上げなくても杉の良い風合いが楽しめます。
無垢板のこんなに厚いものだと、さぞかしお値段が張るだろうと思われますがナカナカ使いやすい価格で出してくださいます。
この木工所は少し前まで魚函(トロバコ)専門の木工所だったそうです。今では需要が激減しているけれども作って出してあります。板材ではねられた木材は捨てられずに魚函になって活用されます。
原木を全く無駄なく使えるわけです。それで物の割に安い価格での提供ができるというわけ、なのが現地に見に行って理解できました。
やっぱり現場やね!と思ったことでした。

2002/3月18日(月)


パッシブデザインの住まいづくりお問い合わせ TEL:092-843-7782

PASSIVE HOUSE JAPAN