JEH

best of houzz 2016デザイン

menu

  • HOME
  • つぶやきコラム

つぶやき

2002/2月3日(日)

update:2002/2月3日(日)

ある勉強会で大工さんの話を聞く機会がありました。その道具についてのお話をしてくださったのですが、改めてその技術を支えるのは道具を大切にする心があってこそ、と感動的でした。
鋸ひとつとってもたくさんの種類があって使い分けるし、同じ用途でも一週間できれなくなる安い使い捨ての鋸(これってすぐゴミですよね、リサイクルすると言っても)から、高価だけれど玉鋼でできた鋸目を立てながら数十年も使い続けられる鋸までありました。見た目の風格も違うけれど使う大工さん自身道具を使いたい、道具に負けない仕事をしたいという気持ちになるそうです。いい道具は誇りさえ生みだすのですね。
道具の手入れをする道具が手作りだったり、さらにそれを手入れする道具があったり、ここまでできる大工さんはもう少なくなっているのでしょうが、受け継いでいって欲しい世界だなと心から思いました。

2002/2月3日(日)


パッシブデザインの住まいづくりお問い合わせ TEL:092-843-7782

PASSIVE HOUSE JAPAN