best of houzz 2016デザイン

menu

  • HOME
  • つぶやきコラム

つぶやき

大寒

update:2013/01/20

1月20日「だいかん」

冷ゆることの至りてはなはだしきときなれば也

節分までの「寒の内」の中でも一番寒さの厳しい時期です。あちこちで雪のニュースも多いですね。でも逆にとらえれば、ここを超せば暖かくなってくるということです。陽射しはもう弱々しい冬至の頃とは比べものにならないくらい力強さが増しています。

 この寒い時の陽射しは、ありがたいことに部屋の奥まで入ってきます。部屋の中にいてもひなたぼっこができるほどに、そしておひさまに当たっている所はとっても暖かく感じます。こういう状況(陽射しが長い)になるのが夏でなくて本当に良かったなと、ひなたぼっこでホカホカしてるときに時々思います。まぁ自然の摂理からしてそうはなるはずはないのですが、その自然に感謝しつつありがたい熱は大事に使いたいものです。

 もちろん性能の良い建物に越したことはありませんが、そうでなくても太陽熱を取り入れる・取っておくという意識を暮らしに取り入れてみましょう。陽射しに恵まれた日にはカーテンを全開して、もちろんガラスはきれいな方が得ですよ、部屋に陽射しを取り込みましょう。リビングだけでなく昼間不在のお子たちの部屋もどうぞ。そして日が落ちて外気温が下がってくる前に、カーテンや障子を閉め窓から熱が逃げていくのを防ぎましょう。

 昨年末に我が家のリビングの大きな窓に、空気層を持っているハニカム構造のブラインドをつけてみました。いわれる通りに断熱効果はあるようで、いままで窓から感じていた冷気(たぶん本当は体温を吸い取られている)を感じなくなりました。カーテンやブラインド付け替える予定のある方は是非選択肢に入れてみて下さい。お取り扱いは空設計工房でもしております。気軽にご相談下さい。

大寒
2013/01/20

パッシブデザインの住まいづくりお問い合わせ TEL:092-843-7782

PASSIVE HOUSE JAPAN

Houzzに登録している福岡市早良区, 福岡県, JPの江藤眞理子さん