JEH

best of houzz 2016デザイン

menu

  • HOME
  • つぶやきコラム

つぶやき

冬至

update:2009/12/23

12月22日「とうじ」
いよいよ冬至になりました。言わずとしれた一番昼間の短い日。日の出が一番遅い日です。しかし明日からは少しづつ日の出が早くなり日暮れも遅れていきます。そんな季節とクリスマスが同じ週にあるのも、何か意味がありそうな気がします。
冬至にはつきものの「ゆず」と「カボチャ」どちらも黄色、これもお日さまの色が恋しい気持ちを反映しているようにも思えますね。
そんなありがたいお日さまの光は、寒い季節には宝物です。空設計工房の提案するお宅には出来る限りダイレクトゲイン(http://www.sola-web.com/passive/04.html)を取り入れて、そのお日さまの恵を最大限に利用させていただける工夫をしています。
前回、報告しました「自立循環型住宅研究会」での発表でデータを取ったお宅でも、冬の床・壁・天井の表面温度の測定で、暖房をしていない状況で1階の床が他より1℃高い値を示すと言う、ダイレクトゲインの効果を感じられる結果を得ています。
現在ダイレクトゲインを持った別のお宅で、人が住んでいない状態(幸いそんな状況が長期間がありましたので)でのデータ収集をさせていただいているところです。日差しを取り込むために朝カーテン・雨戸を開け、受けた暖かさを逃がさないように夕方にはカーテン・雨戸を閉めにと、日に二回通っています。
毎日はもらえないけれど太陽熱で実際どのくらいの効果があるものか、その結果と分析が楽しみです。実は自立循環住宅研究会の主宰・野池氏がこれからは建物の性能+パッシブだ(ドンぴしゃ空設計工房の手法)と調査研究を始められ、その一環のデータ収集でもあります。
このあたりまとめることが出来れば、とーっても久しぶりに「パッシブデザイン」のページに新しい記事をアップできると思います。
来年の目標としてあげておきますね。
ここ二三日は暖かいようですが、年末に向けてまた寒くなりそうです。どうぞ体調管理十分にご注意のほど。

2009/12/23


パッシブデザインの住まいづくりお問い合わせ TEL:092-843-7782

PASSIVE HOUSE JAPAN