best of houzz 2016デザイン

menu

  • HOME
  • つぶやきコラム

つぶやき

霜降

update:2009/10/23

10月23日「そうこう」
朝夕の気温が下がり霜が降り始めるころ、寒くなってきます。とあります。ほんとうに朝夕の空気がぴりっとしてきました。
なんだか年を重ねる毎にその冷たい空気の緊張感を歓迎するようになったように思います。
さて、先週の「プルサーマルよりカーニバル!!」午前中の講演からヒップホップのライブにシンポジウム、夕方のパレードまで、参加してきました。やっぱり知れば知るほど、プルサーマルは言語道断、国策としても転換しようとしているところなのに、この九州だけに人体実験と言ってもいいような、前例のない規模で実施されようとしていることに怒り心頭です。それよりなにより原発自体がやはりあってはならないものでしょう。運転時の事故も、地震による事故も心配です。が、密かに出てしまう放射能もまわりの生命体には自然界から発せられるその数値とは比べものにならないくらいの暴露を余儀なくさせれられているようです。運転時にCO2は出さないけれど放射能は必ず出るのです。その存在は目には見えませんが数万年から数百万年経たないとなくならない物質であることを知ってください。玄海原発を抱える地域では、悪性腫瘍や白血病が原因の死亡によるお葬式が頻繁にあるようです。その地域の方々は補助金をもって子弟に他の地域の土地に家を建ててやって外に出しているようです。風評被害を気にして外部へこういう情報は公表されませんが・・・
12日にNHKスペシャルで放映された「原発解体世界の現場は警告する」
http://veohdownload.blog37.fc2.com/blog-entry-3113.html
ご覧になったでしょうか?
原発を推進するときにつきものの廃棄物はどうするのか?と言う問いは原発を作り始めるときから、数十年後には解決策が出来ているだろうと言う見切り発車です。30年も運転していない現発を解体して出てくる高レベルの廃棄物も、地下埋設との方針は決まっているようですが、その場所はどの自治体も手を挙げず、どこに埋められるかも未だに決まっていないのです。
原発関係の記事ばかりで恐縮ですが、もう一つお知らせです。
10月31日(土)特定非営利法人たんぽぽとりで主催の講演会「エネルギーを変えるとき」があります。
http://pub.ne.jp/tampopotoride/
お知らせいただければ、(ao@sola-web.com)前売り料金当日精算でお取り置き出来ます。どうぞご検討ください。

2009/10/23

パッシブデザインの住まいづくりお問い合わせ TEL:092-843-7782

PASSIVE HOUSE JAPAN

Houzzに登録している福岡市早良区, 福岡県, JPの江藤眞理子さん