JEH

best of houzz 2016デザイン

menu

  • HOME
  • つぶやきコラム

つぶやき

地熱発電所

update:2009/9/14

9月7日「白露ーはくろ」をすっかりとばしてしまいました。
この週に友人が次の世に旅立ちました。彼女が生きてきたことや自身のこれからの生き方・死に方など多くを考えさせれられました。
また佐賀玄海町の原発で実施されようとしているプルサーマルへの反対行動天神でのプルサカフェへ参加して、チラシ配りや署名を集めをしました。最終日の昨日は署名ラッシュになったとのニュース、少し勇気をもらいました。
土曜日にはたんぽぽとりで主催の自然エネルギーバスツアーで九重町八丁原の地熱発電所を見学してきました。他にも阿蘇小国町の電力を全て賄っている一目山風力発電所も予定に入っていましたが、あいにくの雨で山頂に行くには危険が伴うとのことで、今回はあきらめることになりました。とても残念!
マスメディアの特集などでも取り上げられているので既にご存じの方も多いと思います。日本中に自家用を含め18カ所ある地熱発電所の中で112,000kWという最大級の発電量を誇る八丁原地熱発電所です。1000℃のマグマで暖められた地下水が300℃50気圧の蒸気となって地下に閉じこめられた地熱貯留層。ここに蒸気井を2000m掘って蒸気と熱水を取り出し、それでタービンを回し発電するのです。使用後およそ90℃になった熱水は集められて地熱貯留層から離れたところで地下に戻す。というきわめて単純な循環型の発電システムです。
地球が沸かしてくれたお湯を使わせてもらうだけなので、火がどこにも存在せず、管制室も遠隔監視で無人で大丈夫だそうです。なんとも素晴らしいじゃないですか!もっと各地に増えればいいのにと誰しも思いますが、地熱貯留層のある土地を全て買い取らなければならないなど、簡単には・・と説明のお姉さんが答えていました。どこでも深く掘れば温泉が出るような日本なのだから、割と多くの可能性があるのではないでしょうかねぇ??
しかし、数年前(ここ聞き取れてなかったです)はその発電量で4人家族の一般家庭5500戸分を賄っていたのに、現在では3700戸分だそうです。オール電化も含め電力の消費量が増えているのは間違いないのですね。大事な電気です電気でしか出来ない仕事に使って欲しいものです。

パンフレットより八丁原地熱発電所全景

地熱発電所

2009/9/14


パッシブデザインの住まいづくりお問い合わせ TEL:092-843-7782

PASSIVE HOUSE JAPAN