JEH

best of houzz 2016デザイン

menu

  • HOME
  • つぶやきコラム

つぶやき

雨水

update:2009/2/18

2月18日「うすい」
空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始める頃。
すでに春一番も吹いて、春の陽気に身体がゆるんだとたんにまたまた真冬なみの気温だったりと、振れ幅が激しく身体がびっくりしています。インフルエンザのピークも過ぎたそうですが、こう時にこそ体調に気をつけなければいけませんね。
そんな気温がぐっと下がった昨日、昨年夏から温熱環境の調査をお願いしているお宅へうかがいました。床・壁・天井の表面温度を測るためです。曇り空で、朝方みぞれも降ったそうです。午後1時半頃の測定ですが、外気温は5℃でした。外壁の表面温度は南と西側が4℃、東側が3℃、北側は2℃でした。暖房器具ほとんどを使わないご家族なのですが、やはりこの日も朝から何もつけていないとのことでした。けれど中へ入ったら何となくホッとする空気です。寒さは感じません。ごちそうになった珈琲の湯気が室温が高くないことをあらわしていました。データロガーに記録中でその数字を見てくるのを忘れているのですが、室温は15℃なかったのではと思います。さて室内の表面温度は、床・壁・天井それぞれに1・2階とも8℃でした。ただ一カ所、土間の表面温度だけが9℃を示しました。当日はお日様は照っていないのですが、前日の日差しの熱を溜めていたのでしょうか、土間が蓄熱体として機能していることが実感できた結果となりました。また、日差しが入ると外の寒さに気がつかないほど暖かくなりますとおっしゃってくださいました。
さて、そんな土間を持ったお宅がまたひとつできあがりました。「ただいま進行中!」でご紹介している福岡県筑紫野市のお宅です。特別に見学会は開きませんが、2月27日までの間でしたらご案内することが出来ます。もし見に行ってみたいとお考えの方がいらっしゃいましたら、ao@sola-web.comへご連絡ください。見学希望の日時を第3希望までお知らせいただけると都合がつけやすいです。またお名前、ご住所、ご連絡先もお願いいたします。

雨水

2009/2/18


パッシブデザインの住まいづくりお問い合わせ TEL:092-843-7782

PASSIVE HOUSE JAPAN