• HOME
  • 空設計工房が考える住まいづくり

空設計工房が考える住まいづくり

今、世界中の誰もが感じている地球環境の変化。?異常気象や自然災害が増え、生態系のバランスが崩れ、さらに資源・エネルギーの供給にも問題が……地球温暖化を皮切りに、地球規模で解決しなければいけない問題が次々と浮き彫りになっています。

食べるもの、使うものなど、すべての消費の場面で「省エネ」や「エコ」という基準が重みを増してきました。私たちがそして子どもたちの時代にも安全・安心な環境で健康かつ快適に生きていくには、「今、この選択が地球環境や社会にどんな影響を与えるか」を常に考えなければなりません。 住まいも地球環境や社会に与える影響を考えて"建てる””暮らす””解体する"のが理想的だと空設計工房は考えています。

持続可能な社会を支える住まいを

地球を想うのと同じように、人を想うことも大切です。どんなに省エネな家でも、暮らす人がずっと我慢を強いられたり、体をこわしたりしてしまっては意味がないし、すぐに廃れてしまいます。

環境負荷を軽減しながらも、住まう人の快適性や健康また安全は確保しつつ、長寿命の住まいを提案していくことが、「持続可能(サスティナブル)な社会」の実現に微力ながらも貢献する事になると思っています。

持続可能な社会をつくり、支え、広げていくために、空設計工房は住宅建築の担い手として「バウビオロギー」という概念と「パッシブデザイン」という設計手法を採り入れています。

空設計工房が考える「住まい」とは

住まいづくりの考え方

住まいは棲むところ、外から戻ってきて「ホッとできる場所」「帰りたくなる場所」を目指しています。 空間構成や素材へのこだわりはもちろんですが、光や風、空気の質、そして温熱環境など目に見えない要素にも十分配慮し、心地よい状態に整えます。

自然の恵みをたくさん利用させていただいて、「夏でも涼しく」「冬でも暖かく」感じることのできる、少し揺らぎのある住まいが人にも環境にも優しいと思います。

取り巻く環境から守ってくれる住まい。 でもまわりの自然と仲良く暮らせる住まい。 そして自然の恵みを活用できる住まい。 そんな住まいづくりをしています。

太陽の光や熱、風など地球がもたらす恵みを上手に採り入れることで、電気などの消費量を抑え、CO2排出量を減らし、地球への負担を減らしながら自らも心地よく過ごせる住まいを目指します。建物性能を高め、よりよい採光や通風を実現することで、結果的にエネルギーの使用量を減らすことができます。空設計工房は、少ないエネルギー使用量でいつも快適に保たれる、燃費のいい住まいをつくります。

自然素材や地域の素材を使うことで・・・
  • 化学的な材料の使用量や製造・輸送にともなうCO2排出量を減らせます
  • 清浄な空気で素肌に心地よく、呼吸の楽な元気の出る住まいになります
光や風を採り入れやすい間取りや窓の計画をすることで・・・
  • 暖冷房、照明などのエネルギー使用量を減らせます
  • 季節の移り変わりとともに生きる心地よさを実感できます
遮熱や太陽熱・地熱の利用で・・・
  • 暖冷房などのエネルギー使用量を減らせます
  • ガスや電気を使わずにお湯を沸かせたり、貯めたりできます
  • 年間また昼夜の温度差が緩慢になります
きちんと断熱・気密・計画換気をすることで・・・
  • 暖冷房などのエネルギー使用量を減らせます
  • 結露がなくなります
  • いつもきれいな空気質を保ちます
  • 建物の寿命が延びます

など、地球環境への負担を減らすことはもちろん、暮らす人が毎日を気持ちよく元気に過ごせることを考えた住まいづくりを行います。

バウビオロギーの住まい

バウビオロギー[Baubiologie]はドイツ語の「建築(Bau)」「生物(Bio)」「論理(Logos)」からなる造語で、日本では「建築生物学」と訳されています。生物学の視点から住まいを見つめる「健康な住まいを求める新たな学問、建築生物学・生態学」といえるでしょう。 「人間を中心に、人間と居住環境の全体的諸関係について考える」ことを課題とし、住まいを第三の皮膚として捉え、自然素材を主体として心地よい空間をつくっていきます。食生活が第一の皮膚、衣類が第二の皮膚、住環境が第三の皮膚に相当するという考え方があります。

住まいは私たちの健康と安全を守ってくれる事はもちろん、気候風土を活かし、微気候を考慮し、環境や健康への負荷をかけない物であるべきです。それがバウビオロギーの「住まい」といえるでしょう。