• HOME
  • 空設計工房の設計

空設計工房が大切にする「7+1のこと」

1.基本性能を確保すること

「安全性」 耐震性:壁床剛性はもちろんその配置バランスをとり、暮らしに安心を
「温熱環境」 断熱・気密・計画換気・パッシブデザインを採り入れて心地よい空間へ
「空気の質」 自然素材の使用と、計画換気・自然通風プランニングでおいしい空気を
「長寿命化」 劣化対策・維持管理対策を施し、お手入れのしやすさを重視

2.主張せず、さりげなくはたらきかける空間をつくること

「からだ」 住まいは癒しの場。身体的ストレスを与えることはありません
「きもち」 家族のつながりや関係を大事にできる“しかけ”を家中に!

3.「家族のうつわ」として一番いい住まいであること

ひとくちに「家族」といっても、家族構成、ライフスタイル、好みなど、暮らしは千差万別。そのご家族のための空間を探し出し、ご提案します。

4.家族とともに成長する住まいであること

家族の成長によって起こる生活パターンの変化にも、無理なく適応し、かたちを変えていけるプランづくりを心がけます。

5.シンプルな生活を送れること

もの・エネルギー・ごみ。どれも少なめで暮らしたいですね。そのためのアイデアと工夫をおしみません。

6.最小限のエネルギーで快適さを守れること

最小限のエネルギーで快適さを確保できる方法を探り、採り入れます。快適な毎日のために大量のエネルギーを消費するのでは、地球に負担がかかるし家計もたいへん! 地球と、家計と、人にうれしい住まいを目指します。

7.生産から廃棄まで、ずっと環境負荷を少なくおさえること

建てるときも、生活するなかでも、将来的に解体廃棄するようなことがあっても、なるべくごみは出さず、CO2も出さないように工夫をします。

そして・・・地球環境を大切にしたい

大地が与えてくれる自然素材を大切に使いたい自然素材を扱ってくれる人たちと生かしてくれる職人さんの手を大切にしたい

地球に、感謝のきもちを込めて。

空設計工房のプロフィールはこちら